【アドセンス広告】”閲覧できません”が出た時に確認すべきこと【WordPress】

 

Googleアドセンス広告を設定しようとしたら「閲覧できません」ってエラーが出て広告が貼れない。解決法を知りたい。

そんな方に役立つと思います。

この記事はこんな方にオススメ
  • Googleアドセンス広告の設定がうまくいかない
  • 広告設定時に「閲覧できません」という表示が出る
  • WordPressのガジェットから広告を貼ろうとしても保存がうまくいかない

以前、僕ははてなブログProを使って当ブログを運営していたのですが、ドメインとサーバーの管理をConohaに一元化することにして、ブログをWordpressに変更しました。

その時、WordpressでGoogleアドセンスの広告を貼ろうとしたら「閲覧できません」という表示が出て困った経験があります。

ネットではウィルスバスターのセキュリティ、ファイアーウォールの設定を一時的に無効にすればアドセンスが表示されるようになるとあったのですが、試しても効果なし。

結果的に原因を突き止めるまでにけっこう時間がかかってしまい、もっと早く見つけられたらよかったなと思ったことがありあります。

なので、今回は備忘録の意味も込めて、簡単にまとめておこうと思います。

当ブログについて変更前変更後
ドメインXserverConoha
サーバーはてなブログConoha
ブログはてなブログWordPress
目次

結論:閲覧できません(Forbidden access)が出たらWAFを疑う

WordPressの管理ページなどからGoogleアドセンス広告の設定を行おうとすると、こんな表示が出てきました。

タカ

なにこれ?広告の設定できないじゃん!

どう設定を変更しても上記の表示が出てしまい、Googleアドセンスが設定できませんでした。

冒頭にも言いましたが、僕の場合はウィルス対策ソフト、ファイアーウォールなどの設定をOFFにしても広告の設定がうまく反映されませんでした。

そして最終的にたどり着いたのが『WAF』の設定をOFFにすること

WAFとは・・・

Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃からWebサイトを保護するセキュリティ対策のこと。

この設定はConohaのアドミン管理内にあります。(他のサーバー運用会社もこの設定はあるらしい)

このセキュリティ対策が邪魔をしていたためにGoogleアドセンスの設定にエラーが生じていたようです。

WAFのON・OFF設定

WAFをOFFにする方法

Conohaにログイン

サイト管理

サイトセキュリティ

WAFから利用設定をOFFにする

これでOK。

ちなみに、Wordpressのウィジェット機能からGoogleアドセンス広告を設定する時に保存がうまくいかない時にも使えます。

Googleアドセンスの設定が全て完了したら、WAFをONに戻すことを忘れずに!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる