【オーストラリア】銀行口座をつくるならANZ銀行がおすすめ。【英語初心者でもつくりやすい】

d31905fb4ebca507ddcb0cd57e7711d7_s

オーストラリアに行く前に、事前に新生銀行でキャッシュカードを作ってました。
新生銀行のキャッシュカードは海外でもそのまま使えて便利なので困ったときには重宝しました。

しかし、オーストラリアで働くとなるとやはり現地の銀行口座が必要になります。
私はANZ銀行を選びましたが、結果的にANZにして良かったと思ってます。

そこで、ANZ銀行で口座開設して良かった点を私なりの視点で書いていきます。

 

目次

ANZは比較的よく見かける

私が一番初めに滞在した場所がゴールドコーストで、街の中心近くに銀行があったため、
銀行に足を運んだり、ATMでお金を下ろす際にとても便利でした。

しかも、比較的どこに行ってもANZ銀行は見かけたので、手数料を掛けずにお金を下ろしやすいというメリットがあると言えます。

 

ANZ銀行での口座開設は思っていたよりもすぐにできた

口座開設の際、自分の英語に全く自信がなかったのもあり正直ちゃんと口座を開設できるだろうか心配でした。

入店して番号札を取って順番まで待ち、順番が来たので口座を開設したい(I wanna open my bank account ←事前に言おうと思ってなんとか用意していた文章w)と伝えました。

色々と細かいことなど聞かれるかと思いきや、自分のパスポートやクレジットカードなどのIDがわかるものと、一部の口座への入金だけだったため、そこまで難しくはありませんでした。

ネットバンキングのアカウントなども併せて開設したのですが、そのメリットなどもわかりやすく簡単な英語で教えてもらい、なんとなく理解できた気がしました。

しかも、銀行員の中には現地在住の日本人もいたため、本当に困ったことがあれば日本語で対応してもらえるというのも、安心感がありました。

実際、私は車の保険を入る際にANZの保険を利用することになったので、その時は日本人の方に対応をして頂きとても助かりました。

 

ネットバンキングが超便利!

日本の銀行でも最近はネットバンキングがありますが、オーストラリアの銀行のネットバンキングは日本のものよりもシンプルで使いやすく、とても便利です。

私が使っていたANZ銀行は、「Customer Registration Number(カスタマー レジストレーション ナンバー)」と「Password(パスワード)」ですぐにログインすることができ、出入金の明細や、送金、振込などもとても楽に行う事ができました。

日本の銀行のネットバンキングは、セキュリティが厳しすぎるのか、ログインするまでに必要なステップが幾つかあったり、専用の特殊なカードを使わないとならず、便利だとはとても言えない使い心地です。その点、ANZ銀行は手軽に使えたのでとても便利だなと思いました。

セキュリティも大事ですが、使いにくくちゃ意味ないですからね。

 

まとめ

オーストラリア、特にゴールドコースト近辺に行く方はANZ銀行はとてもオススメです。
他にも、Commonwealth(コモンウェルス)銀行やNational Australia(ナショナルオーストラリア)銀行、Westpac(ウェストパック)銀行などありますが、
Commonwealth銀行などは評判が良いようです。

とりあえず、日本人でも気楽に作れそうなANZ銀行で口座を作ってみるのがオススメです。
届いたキャッシュカードはアクティベート(有効化)するのを忘れずに。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる