【和製英語】ファンサービスは英語の fan service と同じ意味ではない!?違いは??

ファンサービスと言えば、芸能界やスポーツ界、今ではYouTuberやブロガーなど、注目を浴びるような仕事をしている人たちが、ファンというサポーターに対して日頃の感謝の意味を込めて何かをしてあげることを日本語で言う表現ですよね。

ファンサービス、と一言でいっても色々と幅が広いですが、要は何かファンに喜んでもらうことをするというのが根底にあると思います。言葉から見ても、ファンに対してサービスをする、からファンサービスと見て取れますからね。

でも、このファンサービスという言葉、実は英語で同じように言っても意味が通じないって知ってましたか??

このような意味やニュアンスのファンサービスは、完全なる和製英語なんです!!

え!?ファンサービスって英語じゃないの!?

ファンもサービスの英語なのに、ファンサービスは英語で通じないってどういう事??

っと思った方、この記事を読んでファンサービスを英語で何というのか?学んでいきましょう!!

目次

ファンサービスは英語でMeet and Greet

日本語のファンサービスというニュアンスを英語で言い表そうとする場合、meet and greetが一般的です。meetは会う、greetは挨拶をするになるので、会って挨拶をするという意味になります。意外とそのまま?な気もしますが、これでOKです。

日本語の場合、ファンと写真を撮る、ファンと握手する、ファンにサインする、ファンにグッズをプレゼントする、といったように、ファンへ色々なサービスをすることを総称してファンサービスと言うことが多いですが、英語では基本的なファンとの交流を『Meet and Greet』と表現して、それ以外に何かする場合はその具体的な内容を追加します。さっそく例文を見ていきましょう!

He had a meet and greet with fans.

彼はファンサービスをした。

Naomi Osaka took a photo and signed her autograph for a fan.

大坂なおみ選手はファンのために一緒に写真を撮ってサインをした。

Fan serviceにも一応英語の意味はあるが、、、

f:id:takatucker:20190302214315p:plain

ファンサービス(fan service)は英語で全く通じないの!?というと実はそういうわけではありません。

fan serviceは英語でも通じることは通じます。

しかし!!

日本語のファンサービスのニュアンスや意味とは異なります!

え?どういうこと??って思いますよね。

実は、英語の fan service には性的なイメージがセットになっているのがその理由です。

例えば、ドラえもんの中でしずかちゃんの入浴シーンが出てくることがありますよね?

ああいったシーンは英語で fan service と使うことができます。

他にも、普段はふつうの格好をしているキャラクターが急に水着になったり、軽装になったり、といった肌の露出が増えることを英語で fan service といいます。

日本語で肌の露出が増えることをファンサービスと呼ぶこともあるので、ニュアンスや感覚は理解できると思いますが、英語の場合はその状況にのみ fan service と使われるので、著名人がファンに対してする一般的なファンサービス(写真撮影やサインなど)とはニュアンスが異なる点を覚えておくといいですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる