あいさつは欲求を満たしてくれる!? ”あいさつ”の持つ意味とは?

f:id:takatucker:20171008141653j:plain

どーも、タカです。

普段、日常生活であいさつすることは一般的ですが、あいさつが持つ本当の意味を意識したことはありますか?

私たちは『なぜ』 あいさつをするのか?

・あいさつした方が気分が良いから

・学校や会社では必ずあいさつをしなくてはならないから

・なんとなく

・理由を考えたことがない

 

このように、なぜ?と言われても理由は明確ではなく、“そういうもの” だから と感じる人も多いでしょう。

ぼくも以前はそう思っていました。

しかし、あいさつの持つ意味は、実はそれだけではありません。

 

今回は、意外と気づかない、でも言われてみると確かにそうかもしれない、と思える『あいさつ』という行為が持つ意味について、ぼくなりの見解を書いていきたいと思います。

 

目次

あいさつは相手に敵意がないことを示す

そもそも、あいさつをするという行為は、相手に自分の心をひらく 意味があります。そして、心をひらくことで 相手に対して敵意がないことを示すことができる ので、好意的な人間関係を築くことができるようになります。

逆にあいさつをされないと、人は相手が敵意をもっているのでは?と無意識に警戒するようになります。

 

自分に対して好意的な人にはあいさつをしたい、嫌な人には「あいさつしたくない」と思うのは、人間の昔からある本能的な思考なんでしょうね。

 

あいさつは相手の存在を認める行為

相手に敵意がないことを示す以外にもう1つ、あいさつにはとても大きな役割があります。 

実際に人にあいさつをする時を想像するとわかりやすいのですが、あいさつをする際、必ず相手のことを "認識" してから、あいさつという行為をしますよね。 これは、相手に対して「私はあなたの存在を認めてますよ」という意思表示をしているのです。

マズローというアメリカの心理学者が、人間の心理的な承認欲求には5つの段階があると定義しています。

f:id:takatucker:20171008152930p:plain

そして、存在を認められたいという欲求 は、上から2番目の 自我欲求 になります。

もし仮に、周りの人全員が自分とほぼ話をすることがなく、あいさつすらしない状況が毎日続いた場合、あなたはどう感じますか?

『自分はこの場にいてもいなくても、どうせ誰も気づかないだろうな』

『何か悪いことしたかな…』

『もしかしたら自分は無視されているのかな…』

 

このように、ネガティブなことを想像してしまっても、全然おかしくはありません。

つまり、あいさつをすることで 相手に認められたという自我欲求が満たされ、あいさつをした人に対して好意的に接するようになります。

私たちは生まれてから今まで「あいさつ」をする理由について誰かに教わることは基本的にありません。親も学校も、「あいさつしなさい」と子供にしつけても、あいさつをする理由までは子供に教えないでしょう。だから、あいさつするのはなぜ?と聞かれても「え?なんで?って聞かれても」と理由を答えられないのです。

 

要は「あいさつ」しよう!ってこと。

色々と複雑な話をしましたが、要するに、みんながお互い気持ちよくあいさつしたらいいじゃん!ってことです。あいさつをする利点は多くあります。

 

・相手の存在を認めていると相手に意思表示ができる

・敵意がないことを示せる

・会話を始める上でのキッカケになる

・コミュニケーションツールになる

・自分も相手も気分が良い

 

あいさつって意外と、奥が深いんです。

 

しかし残念なことに、ここ最近はあいさつをしなくても良い、とする雰囲気や空気感があるように感じます。あいさつをするのが面倒臭いのか、あいさつしたくないのかはわかりませんが、これが当たり前になっていくのは、正直危ない気がします。

ただでさえ、SNSがコミュニケーションのツールとして一般的になっている今、人同士が直接会話をする機会は減っています。

しかし、SNSを使っている現代だからこそ、あいさつのような "簡易的な直接的コミュニケーション" が大事になってくると思うんです。

 

『あいさつなんて面倒臭い』なんて思う人はぼくからしたら論外です。そういう人に限って、相手からあいさつが無いと不快に感じるんでしょうね。『あいさつするかしないかは自分の勝手』と思っている人は、相手の事を全く考えていない自分勝手なやつです。

あいさつすることをネガティブに捉えてしまうのではなく、自分や他人にとってどうプラスになるか、とポジティブに捉えてみると、あいさつに対する考え方がもっと大きく変わるかもしれませんね。

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる