オーストラリアの物価は高いって言われてるけど、それって本当!?

36645ce32719bb44df93f9afb6a64216_s

日本と比べると、オーストラリアの物価は一般的に高いと言われてます。
しかし、実際のところはどうでしょうか?
今回は、私がオーストラリアに住んでいた時の経験を元に家賃、食費、雑費をなどを日本と比べてみたいと思います。

 

 

目次

家賃

家賃はシェアハウスやシェアルームなど住む形態によって金額は異なりますが、基本的に家主(ランドロード)に週払いで払う事が多いです。
私の住んでいたシェアハウスはオウンルーム(自分の部屋あり)で、電気や水道の制限などは特になく週140ドルでした。
これはオーストラリアのシェアハウスの相場としては高くないほうに入ると思います。
高いとこだと週160~200ドル近くするところもあるようです。

週140ドルだと月で560ドルなので、1ドル日本円でだいたい5.4万円〜6万円ぐらいでしょうか。
日本のシャアハウスの相場が4万〜4.5万円なので、そこまで差は無いと言えますが、場所によってかなり差が出ると言えそうです。

 

食費

オーストラリアはとても広大な国で、輸入に頼らず自国で作っている食物も多くあります。
特に小麦粉を使った食品、パスタや食パンなどはかなり安く手に入ります。
食パンは2斤程度の長さで1~2ドル。パスタは1キロで同じく1ドル~2ドル程度です。

また、オーストラリアは食費など生活必需品に関しては、消費税がかかりません。
この点は、日本と違って海外滞在する者にとってかなりありがたいシステムと言えます。

ちなみに日本食を作ろうとすると、金額はやや割高になります。
いつも日本で安く手に入るようなもの(例えば納豆や豆腐など)は、およそ倍の値段がする場合もあります。
ただし全く材料が手に入らないということは無いので、日本食を食べないと耐えられないという方でも困ることはないでしょう。

 

雑費

オーストラリアで生活する上で車があるととても便利です。
友人と一緒にゴールドコーストにある土ボタルに行けたのも、車があったおかげでした。

車は新品で買う必要はなく、中古でも十分使えます。
中古で買う場合、2000〜2500ドルほど(およそ20万円)あればそれなりに良い車が買えます。

私が買った車は、年代は忘れてしまいましたがトヨタのカムリステーションワゴンでした。
金額は車本体と自賠責のようなものと合わせて2300ドルほどでした。

20万円のほどの車ですが、走行中の車の揺れも少なく、エアコンもしっかり冷たくなるので、十分満足いくものでした。
ただ走行距離が30万キロを超えていたので、購入してから多少メンテナンスが必要にはなりましたが…。

酒類

オーストラリアでお酒を買うととても高いです。
基本的にはアルコール度数に応じて税金がかかる仕組みなので、アルコール度数の高いウィスキーやバーボン、他にもカクテルで使われるジンやテキーラなどは高額です。
ビールは2種類あり、ライトビール(Light Beer) と ビール(Beer)です。
ライトビールはアルコール度数が低めに設定されていて、だいたい約3%、通常のビールのアルコール度数はおよそ5%です。
2%の違いですが、ライトビールの方がだいぶ安く買えたりします。

タバコ類

タバコはものすごく高いです。
1箱に入っているタバコの本数は日本のものより多く30本入りや40本入りなどありますが、値段が約12~15ドルほどします。
日本円で1000円から1400円ほどです。
そのため、巻きたばこといってタバコの葉とそれを包む紙を別々に買って、吸うたびに自分で巻いて作る人もいます。その方が断然お金を節約できるそうです。

 

まとめ

オーストラリアの物価は正直言って高いです。
しかし、すべてにおいて高いというわけではなく、特に食品に関しては日本より安いものも多くあります。
しかも食品に関して消費税が掛からない点については、とてもありがたいですよね。

日本にも食品など、生活必需品に関しては税金がかからないようなシステムを導入してくれないかな〜と思う今日この頃です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる