【オーストラリア】クイーンズランド発の回転寿司「Sushi Train」1度は試してみる価値あり!?

c451136625fd1c0fa69dd32633c1eef5_s

ここ最近、日本の寿司が海外でとても人気を集めていますよね。
回転寿司レストランに入ると海外からの観光客で非常に混み合っています。

オーストラリアでも寿司はとても人気になってきていますが、
海外で食べる「寿司」は、日本で食べる「寿司」とは一風変わっています。

オーストラリアにある日系企業「Sushi Train」(スシトレイン)は、オーストラリアの数ある寿司レストランの中でも、
多くの日本人が働いている人気の寿司レストランです。

 

bt_logo

 

私も以前、Sushi Trainの系列店で働いていましたが、なかなか美味しいと思います。

 

今回は、日本にある「寿司」とオーストラリアの「Sushi」の違いをSushi Trainを例に見ていきましょう。

 

目次

日本の寿司と違ってネタが魚とは限らない!?

日本で人気の寿司ネタと言えば、マグロやサーモンですよね。
あるいは、うに、イクラ、ホタテなどの貝類も安定の人気です。

さて、オーストラリアで人気の寿司ネタというと何だと思いますか?

Sushi Trainの人気第1位は、チキンアボカド寿司です!

チキンアボカド!?って、て思うそこのあなた。
私も全く同じことを思いました。
カラッと揚げられてカットされた鳥の胸肉とアボカドが酢飯の上に乗っていて、
照り焼きソースとマヨネーズ、そして天かすが上にかかっています。
これを通常の寿司と同様、醤油をつけて食べます。

一見、何それ!?、それ寿司じゃない!と思いますが、
食べてみると、思いのほか美味しいのでびっくりします。

 

とはいえ、新鮮な魚のネタもある

チキンアボカド寿司が人気とはいえ、やはり新鮮な生魚を使った寿司ネタもあります。
現地オーストラリアの人にも人気なのは、サーモン。不動の人気があります。
あとは意外とホタテが人気です。

サーモンやホタテは炙ってもおいしいため、炙りを注文する人も多かったですね。

あとは、生魚とは言えないですが、ツナマヨがメニューの中でも人気です。
ツナマヨに唐辛子などを混ぜて作る、スパイシーツナもオススメです。

 

寿司以外にも、日本食が充実

その他にもSushi Trainは、うどん、お好み焼き、たこ焼き、餃子、枝豆など、日本ではお馴染みの日本食もあります。
中でも餃子や枝豆はオーストラリアでも人気が高く、私が働いていた頃もよく注文されていました。
ちなみに、オーストラリア人は餃子の事を「グヨザ」と言います。これは、餃子の綴りが「Gyoza」のため、Gとyoを別々に発音をしているからです。

 

まとめ

海外に行くと様々な洋風の食事を食べることができますが、やはりそればっかりだと飽きてしまいます。
旅行中は日本食以外をできるだけ楽しもうと思う方もいますが、海外にある日本食は少なからずローカライズされているので、日本で食べる事のできない寿司を楽しむ事ができます。

海外滞在中に日本食が恋しくなったら、Sushi Trainでオーストラリア風(流?)の日本食を食べてみるのも、いい経験かもしれません。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる