【翻訳初心者】翻訳のアメリアの仮会員になるメリット

 

翻訳ネットワーク「アメリア」の仮会員になる意味ってあるの?

日本語から英語などの他言語に翻訳する仕事は、日本のグローバル化とともに年々高まってきているように感じます。

先日、翻訳者なる方法をネットで調べていたところ「アメリア」という翻訳者ネットワークを見つけました。

しかも、どうやら期間限定でコンテスト会員という仮会員になることができるようなので、今回は僕の実体験をお話します。

目次

アメリアとは?

アメリアとは、翻訳者ネットワークとして30年以上にわたり、翻訳に関する求人情報や最新情報を提供してくれるサービス。

とはいえ、これらの情報を得られるのは有料会員のみとなっており、非会員だと求人情報すらまったく見ることができません。

なので、「本当にメリットあるのかな?」「あまり使えないサービスなんじゃないか?」となんとなく疑ってしまいます。

タカ

僕もそんな人の1人です。

そんな中「翻訳コンテスト」というイベントが開催されており、この期間中は仮会員(コンテスト会員)になれる、とのこと。

思い切って応募してみることにしました。

アメリアのコンテスト応募は誰でも可能

「翻訳コンテスト」は期間限定のイベントで、下記の人が応募可能。

  • アメリア本会員
  • アメリアのコンテスト会員

コンテスト会員とは、「翻訳コンテスト」に参加するために登録できるコンテスト用の会員のことで、無料で会員登録が可能です。

つまり、「翻訳コンテスト」自体の応募は誰でもできます。

本会員以外の人がコンテスト会員になることで、コンテスト期間中に受けられるうれしい特典があります。

アメリアのコンテスト会員は入会金が無料になる

「翻訳コンテスト」の応募期間が終了すると、応募された訳文をみんなで相互評価する「レーティング審査」というのがあります。

この「レーティング審査」は2〜3週間ほどあるのですが、その期間中にコンテスト会員になった人が本会員として入会すると、通常かかる入会金5,500円年会費16,500円【税込】のうち、入会金が0円になります。

タカ

入会金が無料になるのは、お得!

アメリアのコンテストで入賞すると商品がもらえる

「翻訳コンテスト」というだけあって、レーティング期間が終了後、もし自分の翻訳作品が優秀作品として選ばれると賞品がもらえます。

タカ

僕が初めて参加した時は、Amazonのギフト券が賞品となってましたね。

翻訳者になりたければアメリアを試すのはアリかも

すでに他言語が話せる人や、翻訳者という仕事に興味がある人など、言語に携わった仕事をしていきたいと考えているのであれば、翻訳者ネットワークの「アメリア」は試す価値があるかもしれません。

この記事を書いている時点ではまだ仮会員ですが、会員になった際には実際に使ってみて感じたメリット・デメリットなども記事にする予定です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる