【最速】bitFlyerのクイック本人確認が神!「即日取引できる」はマジ。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)のクイック本人確認ってどんな感じ?

この記事でわかること
  • bitFlyerのクイック本人確認にかかる時間
  • クイック本人確認を使えば親バレの心配なし
  • bitFlyerを始める方法
タカ
  • 本ブログ + 1サイト運営
  • 合計月10万PV & 最高月45万円達成
  • アフィリエイト歴は2年ほど

bitFlyer(ビットフライヤー)を申し込むとき、本人確認が必要となるのですが、これがけっこう面倒。

ですが、「クイック本人確認」を使うと、オンラインですべて完結できるので、本人確認のためのレターを受け取ることなく、すぐに取引をスタートすることができますよ。

タカ

僕は「クイック本人確認」を使って、実際にbitFlyer(ビットフライヤー)の申し込みを即日完了させ、すぐに取引をスタートできました。

ということで、本記事では「クイック本人確認」を使った申し込み方法や、どれぐらいの時間がかかったのかなどを解説していきます。

\ ビットコイン取引量 No.1 /

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ

国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

目次

bitFlyer(ビットフライヤー)の「クイック本人確認」にかかる時間は?

bitFlyer(ビットフライヤー)の申し込みをする際、名前や住所などの情報を記入していきますが、最後のステップとして『本人確認』があります。

この本人確認には、2つの方法があります。

  • 対面での本人確認
  • クイック本人確認

対面の場合だと、bitFlyer(ビットフライヤー)からレターが送付されますが、申込者本人が本人確認書類(ID)を配送業者に提示しないとレターを受け取ることができません。

タカ

家族や友達など代理人では受け取れないんです。

一方、「クイック本人確認」であれば、本人確認書類をスマホで撮影して申請が可能。

レター受け取りの必要もありませんし、自宅に何か書類が送られてくることもありません。(クイック本人確認の詳細についてはこちら

タカ

書類が家に届かないので、親にバレることはありません。

bitFlyerの利用は、満20歳以上と決められています。

審査に使える本人確認書類はこちら。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
タカ

僕は、運転免許証を使いました。

審査にかかる時間に個人差はあるようですが、承認までおよそ数十分〜数時間。

さらに、取引を始めるためには出入金をするための銀行口座の登録も必要になるため、こちらも登録をしておきます。

登録した銀行口座はbitFlyerにて確認をされますが、入力情報に間違いがなければ、一定の時間が経過すると反映されるようになります。

参考までに、僕がかかった時間です。

承認までにかかった時間

クイック本人確認:15分程度

銀行口座登録:10分程度

タカ

本人確認たったの15分!

疑いたくなる速さですが、マジです。

銀行口座登録の時間も含めても、全部で30分以内に承認までの手続きが完了しました。

「クイック本人確認」とはいえ、半日〜1日ほどかかると思っていたので、まさかのスピード承認でした。

「クイック本人確認」を使ったbitFlyer(ビットフライヤー)の始め方

それでは、「クイック本人確認」を使ったbitFlyer(ビットフライヤー)の始め方を紹介します。

  1. アカウントを作成する
  2. アカウントのクイック本人確認をする

この流れで進めていきます。

PCからも申し込みできますが、スマホの方が申し込み自体はしやすいのでオススメです。

タカ

僕はPCサイトから申し込みを始めましたが、写真撮影があったため、途中からスマホを使う羽目になりました。。。

無料アカウントの作成方法

まずは、無料でできるアカウント作成をします。

  1. メールアドレス登録
  2. 受け取ったメールのリンクをクリック
  3. パスワードの設定
  4. 同意事項の確認
  5. 二段階認証の設定

1つずつ見ていきますね。

STEP
メールアドレスを登録

bitFlyer(ビットフライヤー)の公式ページ右上にある「新規登録」をクリックし、空欄にメールアドレスを入力します。

STEP
受信メールのリンクをクリックする

STEP①で入力したメールアドレス宛にメールが届きます。

そのメールにあるリンクをクリックすると、アカウント作成の続きが行えます。

メールに記載されているキーワードを、STEP1で使っているページから入力してもOK!

STEP
任意のパスワードを設定

STEP②が完了すると、パスワード入力画面が出てくるので、任意のパスワードを設定します。

  • パスワードは、アルファベット小文字・大文字・数字の3つから2つを満たす9文字以上に設定する必要があります。
  • 設定したパスワードは忘れないようにしておきましょう。
STEP
同意事項の確認

サービス利用時の同意事項を確認し、確認したらチェックを入れます。

STEP
二段階認証の設定をする

セキュリティ強化のために、携帯電話番号を入力して二段階認証の設定をしておきます。

入力した番号宛にショートメールが送られてくるので、そこに記載された確認コードを入力します。

二段階認証を利用する場面を選び、「設定する」をクリックします。(設定は後から変更可能)

これで、アカウント作成は完了です。

次に、本人確認のやり方に進みましょう。

クイック本人確認の使い方

では次に、作成したアカウントの本人確認をします。

ここで、「クイック本人確認」を利用することで、レターの受け取りなどが必要なくなり、早ければ当日中に取引ができるようになります。

「クイック本人確認」には、カメラによる自撮りも必要となるので、スマホからログインすると楽です。

  1. 本人情報の登録
  2. 取引目的の確認
  3. 本人確認資料の提出

大きく分けて3ステップ。1つずつ見ていきますね。

STEP
本人情報の登録

先ほど作成したアカウントにログイン後、本人確認の手続きにいきます。

まずは名前、性別、生年月日、住所など一通り入力します。本人確認に必要なので、間違いがないように記入しましょう。

STEP
取引目的の確認

手順に沿って適切なものを選びます。できるだけ正確な情報を入力するようにしましょう。

特になければすべて選択でOK

すべて漏れなく入力できれば、2つ目のステップが完了です。

STEP
本人確認資料の提出

まず、「クイック本人確認」をタップし、自分の希望する本人確認書類を選びます。

本人確認書類、スマホによる自撮り写真をそれぞれ撮影します。何回も取り直しは可能。

撮影が終わり提出すると、「クイック本人確認」は完了になります。

あとは、承認を待つのみです。

銀行口座を登録しておく

「クイック本人確認」にはある程度時間がかかるため、先に銀行口座を登録しておくのがオススメです。

スマホ画面の右下「メニュー」から自分の名前をタップしてアカウント情報に行くと、銀行口座を設定できる場所があります。

自分の持っている銀行口座情報を入力して設定すれば登録できます。

あとは、bitFlyer側で確認が取れれば完了となります。

しばらくすると、先ほど設定した「クイック本人確認」が完了するはず。これでbitFlyerの取引を開始することができます。

公式サイト:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerは稼げるブラウザ「Brave」との連携も可

bitFlyerは稼げるブラウザ「Brave」との連携ができるため、そこで獲得したBATという暗号資産(仮想通貨)をbitFlyerのウォレットに入れることができます。

稼げるブラウザ「Brave」って何?という方は、こちらの記事が役に立つはず。

>>> 【稼げるブラウザ】Braveを使った仮想通貨BATの貯め方・連携方法

bitFlyerウォレットにBATを入れることができれば、日本円にも換金できるので、bitFlyerを持っておいて損はないと思います。

\ ビットコイン取引量 No.1 /

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ

国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

目次
閉じる