【XRP/リップル送金可】GMOコインからBitgetへ送金する方法

から送金する方法がわからない

XRPの送金手数料・送金スピードは?

こんな悩みを解決します。

この記事でわかること
  • GMOコインからBitgetへ送金する方法
  • Bitgetには送金できる? = できます!
  • XRP送金にかかる手数料・時間
  • 送金する際の注意点

仮想通貨の送金は、正しい手順を踏めば意外とかんたん。

ですが、初心者にはわかりずらく、設定をミスると送金額を失ってしまいます。

タカ

XRP(リップル)の送金には「宛先タグ」の入力もあるので特に注意です。

初めて送金する場合は、少額でテスト送金、着金を確認してから本送金するようにしましょう。

Bitgetはセーシェル共和国が拠点のため、トラベルルールの制限はありません。

本記事を見れば、失敗なくGMOコインからBitget(ビットゲット)に送金できます。

この記事を書いた人
タカ
  • 複業ブロガー
  • 株式投資・NFTで資産形成を目指す30代
  • 実体験から記事書いてます
クリックできる目次

【GMOコインからBitget】送金はXRP(リップル)がオススメ

XRP(リップル)送金の条件・特徴
送金手数料無料
最低送金額50 XRP〜
送金時間およそ10分

XRP(リップル)は送金に適した通貨。

以下の理由でよく使われてます。

  • 送金手数料が安い
  • 送金(着金)スピードが早い
  • 最低送金額が少量でOK(全額送金なら下限なし)

Bitgetのような海外取引所は、日本円の入金ができません。

なので、仮想通貨での入金にXRP(リップル)はよく利用されています。

タカ

今回のGMOコインからBitget(ビットゲット)への送金にもXRP(リップル)がオススメです。

GMOコインからBitget(ビットゲット)へ送金するための準備

GMOコインからBitget(ビットゲット)への送金には、あらかじめ準備が必要です。

1つずつ解説します。

準備がすでにできている方は「GMOコイン→BitgetへのXRP送金方法」へジャンプ

GMOコインの口座開設

まずは、GMOコインの口座開設をしましょう。

本人確認書類をカメラで撮影するステップがあるため、スマホを使って始めるとラクです。

「かんたん本人確認」であれば、申し込み手続き〜審査まで最短10分で完了します。

GMOコイン口座開設の手順
  • メールアドレス、パスワード登録
  • 個人情報の入力・利用規約の確認
  • 本人確認書類の提出
  • 口座開設コードを入力・認証して完了

「かんたん本人確認」でない場合、郵送物の受け取りに数日かかります

\ 取引手数料が安い!初心者におすすめ! /

詳しい手順は「GMOコインの始め方」を参考にしてください。

GMOコインに日本円を入金

口座を開設したら、日本円を入金します。

GMOコインの入金方法は3つ。

  • 即時入金
  • ペイジー(Pay-easy)即時入金
  • 振込入金
スクロールできます
入金方法入金元
(あなた側)
入金先
(GMOコイン側)
手数料反映時間出金の制限
①即時入金住信SBIネット銀行
PayPay銀行
ゆうちょ銀行
左記と同じ無料即時なし
②ペイジー即時入金三菱UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
りそな銀行
埼玉りそな銀行
無料即時入金から7日間
③振込入金銀行・コンビニATM
銀行窓口
ネットバンキング
GMOあおぞらネット銀行
楽天銀行
銀行により異なる
(※同行間は無料)
数分
(※モアタイムシステム対応の金融機関)
なし

銀行によって振込手数料は異なりますが、同じ銀行間の振込手数料は無料です。

「月◯回は手数料が無料」といった銀行もあるので、そのあたりをうまく活用しましょう。

詳しい手順は「GMOコインの入金方法」を参考にしてください。

GMOコインでXRP(リップル)を購入

日本円を入金したら、仮想通貨XRP(リップル)を購入しましょう。

GMOコインでXRPが買えるのは、以下の2つ。

  • 販売所

仮想通貨取引所が決めた価格(手数料含む)で取引する

  • 取引所(板取引)

ユーザー同士の取引で手数料は取引額に応じて安く、価格・数量も指定可

スクロールできます
販売所取引所(板取引)
取引する相手仮想通貨取引所取引所のユーザー
手数料の名称スプレッド取引手数料
手数料1~10%無料
メリットすぐに買える・売れる手数料がかからない
売買価格を指定可
デメリット手数料が割高
売買価格の指定不可
注文のキャンセル不可
売買に時間がかかる
価格によっては取引が成立しない
例えるなら通販サイトフリマ(フリーマーケット)
主な違い

注目すべき点は手数料。

「販売所」だとスプレッド(手数料)が含まれるため、割高になってしまいます。

なので、手数料を抑えたいなら「取引所」がオススメ。

詳しい手順は「GMOコインでXRPを買う方法」を参考にしてください。

Bitget(ビットゲット)の口座開設

Bitget(ビットゲット)は海外の仮想通貨取引所。

取り扱い通貨も多く、取引手数料が業界最安レベルです。

また、日本語に対応しており、セキュリティレベルは世界トップクラスなのも特徴です。

Bitgetの口座開設手順
  • メールアドレスの登録・認証
  • 本人確認書類の提出
  • 口座開設完了
  • 二段階認証の設定

≫ 詳しい口座開設の手順

口座開設はかんたんで、手続き〜本人確認はおよそ10分、審査は5分ほどで完了しました。

\ 新規登録で1,000USDT相当の特典ゲット! /

GMOコインからBitget(ビットゲット)へ送金する方法

GMOコインからBitget(ビットゲット)へ送金する方法です。

Bitgetはセーシェル共和国が拠点のため、トラベルルールの制限はありません。

問題なく送金できます。

XRP(リップル)の送金には、送付アドレス・タグの入力があるので、慎重に作業しましょう。

GMOコインからBitgetへの送金手順
  • 宛先(送付アドレス・タグ)をGMOコインに追加
  • 少額でBitgetにテスト送金
  • 成功したら本送金する

初めての送金なら、最小送金額でまずは送金、しっかり着金されるか確認するのがオススメ

STEP①:宛先(送付アドレス・タグ)の登録申請

GMOコインアプリにログイン後、画面下「アカウント」から「トレーダーモードに切り替え」をタップ

「預入/送付」から「XRP リップル」を選び、「新しい宛先を追加する」をタップ

「GMOコイン以外」「取引所・サービス指定のウォレット」「ご本人さま」「宛先情報の登録画面へ」の順にタップ

スクロールできます

Bitget(ビットゲット)アプリのホーム画面右下の「資産を追加」「暗号資産を入金」「XRP」と進む

内容を確認して「OK」をタップして、QRコード下の「送付アドレス」をコピー(後で「タグ」もコピー)

GMOコインに戻り、宛先名称を入力、送付アドレス・タグをそれぞれペースト(貼り付け)

送付アドレス・タグは手入力せず、必ずコピー&ペースト

所在地は「日本以外」、国・地域は「セーシェル」を選び、受取人氏名のアルファベットを記入して「確認画面へ」をタップ

内容を確認し、チェックを入れて「登録する」をタップ

届いたメールのURLをタップして、内容を確認して「認証を完了する」

審査は10分、遅くても30分ほどで完了

STEP②:最小送金額でテスト送金

「預入/送付」から「XRP リップル」を選ぶ

Bitgetを選択して「次へ」をタップ

送金したいXRP(リップル)の数量・送金目的を選び、2段階認証のコードを入力して「確認画面へ」をタップ

内容を確認、チェックを入れて「実行」をタップ

いつも数分で送金は完了します。

タカ

この時も5分かからずに送金できました。

送金(着金)が完了するとBitget側に反映される

STEP③:成功したら本送金する

テスト送金が無事着金したら、あとは同じ手順で本送金をすればOKです。

GMOコインは手数料が安く、入出金は無料。

とても利用しやすい取引所なので、まだの方は口座開設しておきましょう。

\ 取引手数料が安い!初心者におすすめ! /

GMOコインから外部送金する際の注意点

ビットポイントから外部に送金する際の注意点をまとめておきます。

  • 送金のキャンセルについて
  • 送付アドレスは手打ちしない
  • 7日間の送金制限

キャンセルは不可

一度、送金申請をすると取り消すことはできません。

送金するときは、「送金先」「送付アドレス」など間違いがないか確認するようにしましょう。

送付アドレス・タグは手打ちしない

送金先の宛先リストを追加する際、送付アドレス・タグは手打ちせず、必ずコピー&ペースト(またはQRコードをスキャン)するようにしましょう。

もし、設定を間違えると送金額を失ってしまいます。

タカ

XRP送金の場合は、タグの入力も忘れずに。

トラベルルールによる送金制限

2023年6月から「トラベルルール」が施行され、一部の取引所に送金できなくなりました。

ビットポイントが送金できない取引所(一例)

スクロールできます
取引所送金OK送金NG
国内DMM BItcoin
GMOコイン
bitbank(ビットバンク)
SBI VCトレード
BitTrade
Houbi Japan(フォビジャパン)
OKCoin Japan(オーケーコインジャパン)
Coincheck(コインチェック)
bitFlyer(ビットフライヤー)
海外
(通知国)
すべての取引所
海外
(通知国外)
Bybit
Bitget
OKX
KuCoin
Huobi Global
ウォレットMetaMask
Ledger
通知対象になっている国

アメリカ・アルバニア・イスラエル・カナダ・ケイマン諸島・ジブラルタル・シンガポール・スイス・セルビア・大韓民国・ドイツ・バハマ・バミューダ諸島・フィリピン・ベネズエラ・香港・マレーシア・モーリシャス・リヒテンシュタイン・ルクセンブルク

Bitgetの拠点であるセーシェルは通知対象国ではないので、送金は問題なくできます。

タカ

もし通知対象国の海外取引所へ送金したければ、ウォレットを経由しましょう。

GMOコインからBitget(ビットゲット)への送金に関するよくある質問

GMOコインからBitget(ビットゲット)へ送金するにあたって、よくある質問をまとめておきます。

GMOコインから外部への送金にかかる手数料は?

GMOコインの送金手数料は無料です。

宛先リスト登録の審査時間は?

状況にもよりますが、早ければ10分、遅くても30分程度でいつも完了してます。

外部送金にかかる時間は?

ネットワークの混雑状況にもよりますが、体感では5分ほどで送金できます。

XRP(リップル)の最低送金額はいくら?

GMOコインの場合、50 XRP〜/回で送金できます。

Bitget(ビットゲット)の国・地域は?

Bitegtは「セーシェル」が拠点です。(以前はシンガポールだったようです)

トラベルルールの送金制限はない?

セーシェルは通知対象国外のため、トラベルルールによる規制の対象外。

GMOコインから出金・送金できない

出金・送金できない理由はいくつか考えられます。

  • 最低送金額に達していない
  • 送付アドレス・タグの入力ミス
  • 宛先リストの審査中
  • 宛先リストの審査NG
クリックできる目次